トヨタIMVシリーズ新型フォーチュナーのスペックと詳細とは?

IMG_0839

先日タイオーストラリアで発表された、
海外専売モデルである新型フォーチュナー
の詳細を掲載致します!!^^

 

スポンサードリンク

 

トヨタIMVシリーズの全面刷新計画に基づき、
新たに発売される新型フォチュナーの変更点などをまとめてみました!

 

 

IMVシリーズ『フォーチュナー』
(ハイラックスSW4)とは?

 

IMG_0842

トヨタIMVプロジェクトから生み出されたIMVシリーズの車種。

2005年からタイ、南アフリカ、アルゼンチンで生産され、
2012年からは、エジプトでも生産されていました。
主な輸出国は、
アジア・欧州・アフリカ・オセアニア・中南米・中近東など、
新興国市場へ販売されてきました。

3列シート7人乗りのSUV仕様であり、
プラットホームはラダーフレーム構造で、
ハイラックスと共通した内容となっています。

旧型フォーチュナーエンジン一覧

2TR-FE型 直列4気筒2700ccガソリン

1GR-FE型 V型6気筒4000ccガソリン

2KD-FTV型 直列4気筒2500ccターボディーゼル

1KD-FTV型 直列4気筒3000ccターボディーゼル

で構成されていました!

 

今回トヨタIMVシリーズの全面刷新をうけ、
新開発ディーゼルエンジンが導入されており、
そのスペックに注目が集まります!!

IMG_0841

 

 

1GD-FTV型 直列4気筒2800cc直噴ターボディーゼル

最高出力  177ps

最大トルク 450Nm

ミッション 6AT、6MT

2GD-FTV型 直列4気筒2400cc直噴ターボディーゼル

最高出力  150ps

最大トルク 400Nm

ミッション 6AT、6MT

上記の内容の新開発ディーゼルエンジンが設定されているようです!!

 

 

スポンサードリンク

 

 

国内では、
ディーゼルエンジンが導入された
ランドクルーザープラドと同一のエンジンとなるようです!
(1GD-FTV型エンジン 2800cc)

 

その他、
新型フォーチュナーには、
2700ccガソリン車
4000ccガソリン車の設定も健在するようです!

 

IMG_0840

 

 

ボディーサイズの違いは?

 

新型フォーチュナーは旧型と比較して
よりスタイリッシュなデザインへと進化していますが、
ボディーサイズは変更されたのかどうかについて書きます。

 

旧型フォーチュナーボディーサイズ

全長 4695mm

全幅 1840mm

全高 1795mm

ホイールベース2750mm

 

新型フォーチュナーのボディーサイズ

全長 4795mm

全幅 1855mm

全高 1835mm

ホイールベース 2745mm

 

今回のモデルチェンジで、全長、全高が特に拡張され、
より大きなSUVへと進化しています!!

 

IMG_0838

 

 

新型フォーチュナーのライバルとは?

 

同時期に発売となる三菱『チャレンジャー』(パジェロスポーツ)IMG_0843

 

 

 

フォード『エベレスト』など・・・

IMG_0858

 

 

 

新型フォーチュナーの価格は?

 

現在把握出来る範囲では、
タイでの販売価格が約722万円
高額な車両本体価格の設定となります!!

今回モデルチェンジとなった新型フォーチュナーですが、
新興国市場では高い人気を誇っており、
11年振りの改良型の登場で、
買い替えや新たな需要が見込まれます。

特にオフロード走行に適した仕様であるため、
劣悪な道路環境の国々では、
必需車として重宝されるようです!!

本格的なオフロード走行仕様のフォーチュナーは、
国内では需要が少ないことは容易に想像できますが、
選択肢を増やすという観点で見れば、
先に生産・輸出が始まったハイラックス(ピックアップ)も含めて
国内販売も是非実現して欲しいものです!^^

 

関連記事***
2015年発表のレクサス新型RXの気になる装備の詳細は?
レクサスLX570が国内販売開始!気になる価格や装備内容は?
2015年8月ランドクルーザー200がマイナーチェンジ!
RAV4ハイブリッドNYオートショーでデビュー!気になるスペックは?
トヨタIMVシリーズのピックアップ版ハイラックスが国内導入か?

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す