トヨタのミニバン購入に向けて.ヴォクシーとノアの比較

familycarファミリー向けのトヨタ車、ヴォクシーノアついて調べてみました。
この2車種は、今年の始めにモデルが新しくなり今相当売れているらしい・・・
気になっているので、色々検索すると実は、兄弟車?らしいのです。
名前は全然違うのですが、価格やスペック・グレードは、ほとんど同じようです。
では、何が違うのか???

 

スポンサードリンク

 

ヴォクシーとノアの違い

                          VOXY ↓
VOXY
                                                              NOA  ↓
noa
・取り扱い販売店の違い
 ヴォクシーはネッツ店の取り扱い
ノアはカローラ店の取り扱い
・見た目
 ヴォクシーは若向けなデザイン
ノアは落ち着いていてプレミアム感が特徴

・どっちが人気?
今の所、販売台数ではヴォクシーの方が売れているようですが・・・
結局の所大差はないようです。
どちらも年代別のターゲット層のニーズを掴んでいるようです。

 スポンサードリンク

売れ筋グレードは?

 

ヴォクシーの売れ筋グレードは・・ZS(車両本体267万 2リットルガソリン)

ノアの売れ筋グレードは・・Si(車両本体267万 2リットルガソリン)
 →どちらもエアロっぽいデザインで、大きめのアルミホイールが特徴
ハイブリッドにグレードアップすることも出来るようです。
その場合、どちらも、車両本体305万 1.8リットルハイブリッド だそう。
うう〜どっちがいいんだろうか???

ガソリン車とハイブリッド車どっちを買うのがお得?

やっぱり車だってお得に乗りたい!
具体的なデータで見ると・・・・
年間の走行が1万キロ前後のユーザーであれば・・・
売れ筋のグレード車両本体267万円のガソリン車と、
車両本体305万円のハイブリッド車を比較すると、
で車両代の差は埋まる計算。
(想定実燃費 ガソリン車13/ℓ ハイブリッド車19/ℓ で計算しその他メンテナンス
代や税金などランニングコストも含めての概算の数値)
7年以上乗る上で年間の走行距離が1万キロ以上の人であれば、
ハイブリッド車を選ぶべきかもしれません。
ただし、
過走行などによるメインバッテリーの交換などのリスクを考えると難しい選択。
やはりユーザーの使用環境によって選ぶべきなのかもしれません。

まとめ

・どちらも価格帯やグレードが同じことから、好みのデザインで選んでよさそう。
・ガソリン車かハイブリッド車どちらにするかは、
 自分の将来的な使用環境を考慮して選ぶ必要がありそう。
例えば、高速走行が主であったり、送迎や貨物的な使用でパワーが必要なシーンでは
モーターのアシストがあるハイブリッドを選択するのが一般的なようです。
子供の試合の遠征や、趣味でよく県外に車で出かける方なんかはやはりハイブリット車が安心感ありますよね。最近ガソリンがビックリする高さですから^^;

番外編・新型車 エスクワイアの導入

2014年10月に発表予定とされるトヨタの新型ミニバン、エスクワイア
ekuswaya
こちらは、取り扱い販売店が、トヨタ店 トヨペット店になるようです。
ヴォクシーやノアのさらに高級版といった感じでしょうか。
このエスクワイア、すでに注目が集まっており、
さらなるミニバンの競争が激化する模様です。
車雑誌などによると、新型車のエスクワイアの価格は、
ヴォクシー・ノアと比べて約20万円〜30万円高く設定されるようです。
内装の造りなど高級感に差別化を見出せるかがポイント。
デザインは
フロントマスクが現在のクラウンによく似ていてかなりインパクトあります!
現在トヨタのミニバン購入を検討されている方には、
この新型車の内容も気になる所です。

 

関連記事***
→新型ミニバンデビュー!「エスクァイア」ついに発表!販売価格や仕様は?
→2015年発表予定「アルファード/ヴェルファイア」がフルモデルチェンジ!

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す