トヨタでDE(ディーゼルエンジン)車が復活!

dehukkatu3トヨタが、プラドの改良型に
8年振りにディーゼルエンジン車を改良し
復活させるそうです。

クリーンディーゼル車ということでしょうか^^

四駆好きな人にはたまりませんね〜〜!!

現在、トヨタは、ハイブリッド車の生産・販売に力を入れていますが、
なぜ、ここにきてディーゼル車を復活させるのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

ディーゼル車の魅力

長所
・走りが力強くトルクが大きい。
・軽油が燃料なので、レギュラー・ハイオクより安い。
・燃費もそこそこ良い。
・手放す時は高く売れやすい。

などが挙げられるでしょう。。。。

短所
・エンジン音が大きい。
・振動が激しい。
・排ガスが汚い。

など、環境にとってマイナスな要素が多いです・・

 

スポンサードリンク

 

なぜ、ディーゼルを造らなくなったのか?

欧州に比べ、
日本では環境汚染に対する法規制が優先されています。
更に、一般的に、ガソリン車よりもディーゼルエンジン車は燃料噴射装置や
排ガス処理装置などが高額なため開発にも大きなコストがかかるようです。

そのため、ディーゼル車の生産は減少したのでしょう。

 

 

 

クリーンディーゼルって?

厳しい排ガス規制をクリアしたディーゼル車のこと。
上記で述べたディーゼル車の短所を改善!

すごいですね〜!

 

国内とは反対に、欧州市場ではディーゼル車の普及が拡大しています。

国内メーカー(マツダ・スズキなど)も欧州向け輸出と、
国内販売用にもクリーンディーゼル車の開発に力を入れています。

例えば、マツダのクリーンディーゼル車、CXー5
ガソリン車並みの静粛性と振動の少なさが人気で、
予想を遥かに超える販売台数を達成。
最近では、新型デミオが話題となっていますね。

輸入車では、BMWやメルセデスのクリーンディーゼル車
販売も増加しています。

 

ディーゼルの需要はかなり高いみたいですねー

 

 

まとめ

ハイブリッド車の低燃費に匹敵する存在になりつつある
クリーンディーゼル車。

トヨタも国内のディーゼル市場拡大を見据え、
ディーゼル復活の流れとなったのでは?

トヨタ車のディーゼル車といえば、
ランドクルーザーシリーズランクルや一回り小型のプラド
現在のモデルでは、国内ではガソリン車のみの販売となっており、
ディーゼル復活が相当期待されていました

現在のモデルがそれだけ人気がある中、
さらにプラドの改良型にディーゼル車が設定される為、
相当な注目が集まると予想されます!

かなり楽しみです!!!!

 

関連記事***
ディーゼルエンジン復活の詳細は?
ディーゼルエンジンプラド2015年にマイナーチェンジ!
→2014年復刻!
ランドクルーザー70復刻!人気爆発で納期は半年待ち?!

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す