2015年新型プリウスの気になる価格とグレードは?

IMG_0911

2015年12月
販売開始の新型プリウス
気になる価格予想グレード詳細について掲載致します!!

 

スポンサードリンク

 

2015年9月に
アメリカのラスベガスで公開された
新型プリウスの予想価格とグレード詳細について、
現行型と比較しながらまとめてみました!!

 

新型プリウスグレード

 

Eグレード
(参考:現行型 Lグレード価格 223.2万円)

予想価格
約240万円(2WDのみ)

駆動用バッテリー
ニッケル水素

新型プリウスで最も燃費の良いグレードと予想されており、
JC08モードで40km/Lを達成との情報も存在!!
(現行型 Lグレードは、JC08モードで、32.6km/L)

 

 

 

Sグレード
(参考:現行型 Sグレード価格 238.6万円)

予想価格
約245万円(2WDor4WD)

駆動用バッテリー
2WD車→ニッケル水素
4WD車→リチウムイオン

現行型プリウスで最量販グレードとして販売されたこともあり、
今回のモデルチェンジでも最量販グレードとの予想がされているグレード。

主な装備に、
Bi-Beam式LEDヘッドライト(現行型 ディスチャージヘッドライト)
スマートエントリーシステムなど・・・

予想燃費は、37.0km/L(現行型 30.4km/L)

 

 

 

Sツーリングセレクション
(参考:現行型Sツーリング価格 259.2万円)

予想価格
約260万円(2WDor4WD)

駆動用バッテリー
2WD車→ニッケル水素
4WD車→リチウムイオン

Sグレードに追加して、
現行型と同様にインチアップのアルミホイールが装着され、
専用のバンパー形状となる模様!!

予想燃費は、37.0km/L(現行型 30.4km/L)

 

 

スポンサードリンク

 

 

Aグレード
(参考:現行型Gグレード価格 259.2万円)

予想価格
約275万円(2WDor4WD)

駆動用バッテリー
リチウムイオン

「Toyota Safety Sense P』が標準装備されるとの予想がされており、
LEDフォグランプや雨滴感知機能ワイパーなどが標準装備される模様!!

予想燃費は、37.0km/L(現行型 30.4km/L)

 

 

 

Aツーリングセレクション
(参考:現行型Gツーリング 279.7万円)

予想価格
約290万円(2WDor4WD)

駆動用バッテリー
リチウムイオン

Aグレードに追加して、
現行型と同様にインチアップのアルミホイールが装着され、
専用のバンパー形状となる模様!!

予想燃費は、37.0km/L(現行型 30.4km/L)

 

 

 

Aプレミアム

予想価格
約330万円(2WDor4WD)

駆動用バッテリー
リチウムイオン

本革シート、快適温熱シートなどが装備される模様!

予想燃費は、37.0km/L

 

 

 

Aプレミアムツーリングセレクション
(参考:現行型Gツーリングレザー価格 343.5万円)

予想価格
約340万円(2WDor4WD)

駆動用バッテリー
リチウムイオン

Aプレミアムに追加して、
現行型と同様にインチアップのアルミホイールが装着され、
専用のバンパー形状となる模様!!

予想燃費は、37.0km/L(現行型 30.4km/L)

 

 

その他、
新型プリウスで注目されている変更点が、

足廻りの装備で、

現行型プリウスは、
リアのサスペンションがトーションビームであるのに対し、
新型プリウスは、
ダブルウィッシュボーンを採用しているため、
現行型で改良が期待されていた乗り心地に関しても
改善が計られている模様です!!

 

IMG_0912

 

さらに今回の新型プリウスでは、
新たに4WDの仕様(35.0km/L JC08モード)が導入されることで、
新たな市場開拓にも繋がります!
4WDでも驚きの低燃費を実現するとなれば、
今まで購入を断念していたユーザーの確保もあり得る為、
さらなる需要、長納期化などが想定されているようです!

今後も新たな情報があれば掲載したいと思います!!^^

 

関連記事***
新型プリウスが世界初公開!デザインや詳細は?
2015年10月クラウンマイナーチェンジか?気になる変更点は?
2015年新型プリウス発表か?気になる価格と詳細は?
2016年新型プリウスPHV発売か?注目の燃費は?

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す