マイカー任意保険の通販型自動車保険はアリ?内容は?

hoken車の任意保険、ほとんどの方が加入していると思いますが、

どこの保険会社(損保会社)でどんな内容で、
いくらで契約しているか、
ひとそれぞれです。

その中でも、最近よく耳にする通販型自動車保険

なんだか安いってよく聞くけど、
内容はどうなんでしょうか??

他社と比較してみました。

スポンサードリンク

 

 保険会社の種類

保険会社って大きく分けて3種類くらいに
分類されているように感じます。

まずは、大手損害保険会社
(東京海上日動、あいおいニッセイ、
三井住友、損保ジャパン日本興亜など)

次に、自動車共済・マイカー共済
JA共済、全労済など)
〜保険ではなく、〜共済と呼ばれる自動車保険。
(保険という言葉自体は保険会社でない限りは、使えない為)

最後に、通販型自動車保険
(ソニー損保、チューリッヒ、アクサダイレクトなど)

 

 

それぞれの保険会社の特徴とは?

大手損害保険会社

3つのうちで、最も加入者数が多い保険です。

代理店が全国に多数存在し、
一度加入すると長年ずっと同じ代理店で更新する傾向が強いようです。
自動車ディーラーなどで加入するユーザーも多いです。

万が一の事故の際、事故後の対応から修理完了、保険金の支払い
まで対応が充実している、満足度が高い保険です。

満足度が高い反面、金額も高いのがデメリット。

 

共済保険

大手損保会社に比べ、
同じような条件で加入した場合の保険代が安いようです。

基本的に自賠責強制保険とセットで加入することで
掛け金が割引されるシステム。
公務員の方、農林水産業に従事する方の加入も多い。

万が一の事故時の対応は、大手損保会社と比較すると
やや不満という声も多いようです。。。

 

 

スポンサードリンク

 

 

通販型自動車保険

掛け金の安さが最もメリットのある保険。

大手損保や共済保険に比べ代理店を持たない
インターネット通販を通して加入するシステム。

代理店を必要としない為人件費などが削減され、
さらに安い金額で高いクオリティの保険サービスを
提供しています。

今最も注目され、売れている保険です。

走行距離に合わせて保険料を安く抑えられるなど
乗る人に合った商品提供が魅力。

大手損保会社から通販型自動車保険へ切り替え
をする割合が増加傾向にある中、

注意する点も多い。

なぬ!

 

通販型自動車保険の注意点

ネット通販型の保険は、

基本契約者本人が全て保険の内容・契約条件を設定する為、
契約者本人に合った内容に必ずしも設定されていないことがある

例えば、
車両保険の中の免責事項の設定。

万が一の事故の際、車両保険に入っているので
自分の手出しはないと思い込み実際には、免責が発生
するケースは少なくない。(免責0−10、5−10)

万が一の事故の際、安心して連絡が出来る代理店の担当者が
いない不安なども問題の一つとされているようです。

通販型保険は、保険契約期間が基本的に単年のみであり、
毎年更新が原則の保険会社が多いため、
万が一の事故後の保険代のアップのリスクが高い商品でもあることも問題。

んーーなるほど。担当者がいない不安、事故した際の保険料アップの不安、
専門知識もない状態でこの不安点2つはこわいですよね><

 

 

また側面では、最近の傾向として、大手損保会社の自動車保険は、
長期契約(3年間)で加入する人口が増えているようです。

(これは、3年間の保険代を固定し、
保険代アップのリスク回避を重視した結果。)

 

まとめ

安いをとるか?

安心感をとるか?

結局はこの選択肢に辿り着くのかな〜〜?

通販型自動車保険・・・
安いのはすんごく魅力的!
しかし、安いにはやはり落とし穴があるのかーという感じですね^^;

しかし、しっかりと下調べをして、その保険の特性をとらえて
納得した上で入るのであれば、安くすんでお得感はありますよね^^

なので、通販型自動車保険はアリだと思います。
ただ要下調べ。

というところでしょうか。

車とは長く付き合っていくものだろうし、
車が替わっても、保険はのせかえできるものなので、
自分にあった保険に加入、継続していけるのがベストですよね。

保険のプロに一度相談してみるのもいいかもしれません^^

スポンサードリンク

コメントを残す