話題のレクサスLF–SA公開!驚きのサイズとは?

IMG_0341
2015年3月に開幕した
スイス、ジュネーブ・モーターショーで公開された
レクサスLF–SAについて掲載致します!^^

 

スポンサードリンク

 

LF-SAコンセプトモデルとは?

2015年3月3日から開幕した
ジュネーブ・モーターショーで公開された
レクサスLF–SAが話題となっており、
ウルトラコンパクトクラスのコンセプトカー
として注目されています!

レクサスがこんなに小さな車をつくるなんて!
といったところでしょうか^^

LF–SAとは、Lexus Future Small Adventurer
(未来の小さな冒険者)の意味。

LF−SAは、
フランス・ニースに拠点を置くED2(EDスクエア)
が企画デザインしたコンセプトカー。
EDスクエアとは、
(Toyota Europe Design Development)

今回のレクサスLF-SAは、
欧州でデザインされた
レクサスのウルトラコンパクトクラスのコンセプトカーであり、
コンパクトの中にも究極のラグジュアリーを形にしたモデル
となっております!

 

IMG_0340

 

ボディサイズは、

全長 3450mm

全幅 1700mm

全高 1430mm

全長全高はコンパクトに感じるますが、
全幅に関しては余裕のあるサイズで構成されています!

 

注目のデザインは、
フロントグリルの放射パターンのスピンドルグリルと立体的なフェンダー
レクサス『NX』をさらにコンパクトに
凝縮させたようなデザインとなっています!!

 

IMG_0342

 

トヨタ『iQ』を彷彿させるような
コンセプト?

2008年11月より国内でも販売開始されたトヨタのiQですが、
実は、
このiQをデザインしたのが、
今回LF−SAをデザインしたトヨタの欧州デザインスタジオED2とのこと!

同じく2008年3月に、
スイス・ジュネーブモーターショーで世界初出展されたようで、
このLF−SAも欧州や国内で量産される可能性は
十分高いと思われます!

 

 

スポンサードリンク

 

 

トヨタ『iQ』のボディサイズ

全長2985mm

全幅1680mm

全高1500mm

IMG_0348

 

 

レクサスLF−SAは新型Cセグメント車の候補?

レクサスCTの下のクラスとして導入が検討されているLF−SAですが、
トヨタが開発を進める
以前掲載した新型Cセグメント車(→記事はコチラ
の要素が含まれているのでは?と考えます!

 

 

今後の新型Cセグメント車は、
シティコミューターとしての要素も取り入れた、
乗りやすく、ユニークなデザインが期待されており、
世界中でヒットするクルマ、
重要が見込めるクルマ
の開発に今後も注目していきます!!!^^

 

関連記事***
新型レクサスRX 2015年10月に販売か?販売価格は?
レクサスLXが2015年に国内販売開始か?価格は?

 

スポンサードリンク

コメントを残す