レクサスESが国内販売開始か?スペックや価格予想

IMG_0528

カムリをベースとするレクサスESですが、
今後、国内でも販売される可能性が高い
という情報を入手しましたので掲載致します!^^

 

スポンサードリンク

 

世界累計販売170万台以上を誇るレクサスESが、
今後国内でも導入され、
展開される可能性が高く、
今後の動向について予測してみました。

IMG_0519

 

レクサスESとは?

『ES』とは、
『Executive Sedan』の略であり、
レクサスブランドの中大型セダンである。

 

 

レクサスESの歴史

初代モデルは、
トヨタカムリのレクサス版として主に北米で販売され、

2代目〜4代目は、
トヨタウィンダムのレクサス版として販売され、

その後は、国外専売モデルとして販売
現在は、6代目レクサスESが販売されている。

1989年に北米市場でレクサスブランドが立ち上げられた当初から
『LS』と共にラインアップされている車種であり、
レクサス車の中でも最量販車種となっている。

 

 

初代レクサスES(1989〜1991)

 

IMG_0526

1989年登場。
『カムリプロミネント』のレクサス版として販売された。

実際のデザインは、
カムリプロミネントとは
フロントグリルなどが異なるデザインで販売された。
カムリと同じ2.5L V型6気筒エンジンが搭載され、
『ES250』との名称で展開された。

 

 

2代目レクサスES(1991〜1996)

 

IMG_0529

1991年より2代目レクサスESが販売された。

2代目ESは、
国内販売された初代ウィンダムのレクサス版であり、

モデル名はエンジン排気量が3Lに拡大されたことで
『ES300』に変更された。

 

 

3代目レクサスES(1996〜1999)

 

IMG_0520

3代目ESは、
2代目を発展させたデザインで、
ボディ剛性30%アップさせたより軽快で
シャープなものに変更された。

この3代目ESは、
年間35000台〜50000台がコンスタントに販売され、
先代を上回る大ヒットとなった!

 

 

スポンサードリンク

 

 

4代目レクサスES(2001〜2006)

 

IMG_0518

4代目ESは、
それまでハードトップであったボディがセダンへと変更された。

国内販売されていたウィンダムは、
この4代目で廃盤となった。

2002年のレクサスISの登場により、
それまで『高級スポーツセダン』のコンセプトから、
より高級セダンとしてのコンセプトが取り入れられた。

具体的には、
後部窓の電動サンシェードやリバース連動ミラー、
雨滴感応式

ワイパー
DVD式カーナビゲーション
マークレビンソンプレミアムサウンドシステムなど
が搭載され、
高級車として販売された。

2004年には、
3.3Lエンジンを搭載する『ES330』が追加設定された。

 

 

5代目レクサスES(2006〜2012)

 

IMG_0530

5代目ESは、
2006年2月より公開、4月から販売された。

この5代目から、
国内モデルであるウィンダムは販売されず、
主に北米やアジア諸国で販売され、
左ハンドルのみの仕様で生産された。

エンジンは、
新しくV6 3.5L(2GR-FE)が搭載され、
『ES350』として販売された。
2009年に直4 2.4Lエンジン(2AZ-FE)搭載の
『ES240』が公開された。

 

 

6代目レクサスES(2012〜現在)

 

IMG_0517

6代目ESは、2012年4月に発表され、
この時期よりレクサスの新たなデザインアイコンである
『スピンドルグリル』を採用し、

スポーティー感と高級感両方を兼ね備えたモデルとして
販売されている。

このモデルよりプラットホームを
『カムリ』系より『アバロン』系に変更し、
ホイールベースが拡大されている。

エンジンはV6 3.5Lの『ES350』に加えて、
ES史上初のハイブリッドモデル『ES300h』も設定されており、
国内で販売されているカムリハイブリッド
と同じシステムを採用している。

 

 

国内販売されるとなれば、
この『ES300h』がメインで販売されるとの予想がされています!

ES300hのスペックは、

最高出力205ps

燃費 23.0km/L(JC08モード)

価格 450万円前後

 

レクサスESは、初代から現在の6代目に至るまでに
約170万台が販売され、
最量販車種として君臨しており、
スポーツと高級感を両立するモデルとして世界で拡販されています。

このレクサスESが、
国内でも販売されるとなると、
現在のセダンラインナップでは
レクサスGSとレクサスISの中間に位値する存在となります。

新たな選択肢も増え、
国内でも人気車となる可能性は十分考えられます!

レクサスファンやカムリファンには、
是非実現してほしい内容です!

今後も、新たな情報があれば追加掲載致します!!^^

 

関連記事***
2015年上海モーターショーでレクサス『RX200t』を発表!
新型レクサスRXがニューヨーク国際オートショーでついにデビュー!
レクサスLXが2015年に国内販売開始か?価格は?

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す