2015年ランドクルーザー200がビッグマイナーチェンジ!変更点は?

IMG_0468

 

2015年8月ランドクルーザー200
ビッグマイナーチェンジとの情報を掲載致します!^^

 

スポンサードリンク

2015年8月に2度目のマイナーチェンジか?

2007年にランドクルーザー100から
フルモデルチェンジされたランドクルーザー200ですが、
2012年にマイナーチェンジが実施され、
2015年8月で、
2度目のビッグマイナーチェンジとなるようです。

 IMG_0477現行型ランクル200

 

 

改良点

エクステリアデザイン

まずエクステリアデザインの大幅な変更に
注目が集まります。

現行型モデルからの変更点は、
フロントマスクのデザインが一新されます!

具体的には、
・エンジンフード
・フロントフェンダー
・ヘッドライト
・フロントグリル
・フロントバンパー
など・・・

ヘッドライトは、
LEDヘッドランプが採用され、
ハイビームもロービームもLED化されるようです!
フロントフォグランプもLEDへ変更となり、
より視認性を確保する内容のようです。

 

IMG_0469                            現行型ランクル200

 

さらに、
フロントデザインだけでなく、
リアのエクステリアも大幅変更となるようで、
・リアバンパー
・リアコンビネーションランプ
・リアリフレクター
なども変更。

特に、
リアコンビネーションランプは、
ストップランプ部のデザインが改良されている点が
ポイントのようです。

 

その他、
ホイールデザインも変更され、
より高級感のある
20インチアルミホイール(ZX標準)
18インチアルミホイール(AX G /AX)
へと変更されます!

ボディーカラーも新色が採用され、
新しくカッパーブラウンマイカ
ダークブルーマイカ
が設定されます!

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

インテリアデザイン

今回のマイナーチェンジで、
インテリアにも多数変更点が存在しています。

まずは、
インテリアカラーのバリエーションが増え
・ブラック
・ミディアムグレー
・ブラウン
・フラクセン
の全4色が展開されるようです!

 

 

ZXグレードは、
セミアニリン本革の仕様となり、
・ブラック
・フラクセン
・ブラウン
の3色から選択可能。

 

IMG_0490現行型ランクル200内装

 

AX Gセレクショングレードでは、
本革の仕様
・ブラック
・フラクセン
の2色の選択可能。

 

IMG_0489現行型ランクル200内装

 

AXグレードでは、
モケット仕様で、
・ミディアムグレー
・フラクセン
からの選択可能。

 

GXグレードは、
トリコット仕様で、
・ミディアムグレー
・フラクセン
からの選択可能。

 

さらに今回より、
内装の天井部分であるルーフカラーと、
運転席・助手席のオーナメント(パネル色)
も選択可能となり、
より選択肢の増える内容で
自分好みのインテリアが設定可能となります。

 

 

IMG_0491         現行型ランクル200内装

 

 

 

先進装備も追加設定!

現在話題の『Toyota Safety Sense P』をはじめとする、
最新の装備が新たに導入されます!

Toyota Safety Sense Pとは・・・

プリクラッシュセーフティーシステム
(歩行者検知機能付衝突回避支援システム)

レーンディパーチャーアラート
(ステアリング制御付車線逸脱警報システム)

オートマチックハイビーム

レーダークルーズコントロール
(ブレーキ制御付、追従機能付)

 

その他

マルチテレインモニター
メーカーオプションで設定される純正ナビを装着する場合、
マルチテレインモニターが装備され、
車両周辺の視界確保に最適な機能となります。

今回新たにマルチテレインモニターの新機能として、
アンダーフロアビューが採用され、
車両下部の映像確認が可能となります。
オフロード走行時の安全確認などの目的で導入されるようです。

 

 

ブラインドスポットモニター(BSM)
車線変更時など、隣車線の車両をレーダーで検知。
死角エリアでもドアミラーにインジケーターが点灯し、
衝突注意喚起するシステム。
リアクロストラフィックアラート(RCTA)付
駐車時など後退する際に、
左右後方の接近車両をブラインドスポットモニターで検知し、
ドアミラーのインジケーターで注意喚起するシステム。

 

その他、ナビ・オーディオ装備の変更点として、
現在の8インチHDDナビから、
9インチディスプレイを採用した
SDナビゲーションが新たに採用され、
現在の9インチ後席モニターから
11.6型後席ディスプレイ
変更採用されます。

現行型の天井設置タイプのフリップダウン式後席モニターから、
フロントシートバック部左右にディスプレイを設置へと
変更されるようです!
(ヘッドレストモニターのようなイメージ)

 

 

今回のビッグマイナーチェンジで、
内外装共に大幅に改良されることがわかります。

 

IMG_0471LEXUS LX

 

 

先に記載した(→記事はコチラ
レクサスLXが国内導入の影響もあって、
今回のマイナーチェンジでは、
よりLXを意識した変更となっているように感じます。
今後LXが国内導入されることで、
レクサスLXに乗るか、
ランクルマイナーチェンジモデルに乗るのか、
ランクルファンには、嬉しい悩みとなりそうです!

 

関連記事***
新型シエンタハイブリッド2015年7月発表か?価格とスペックは?
2015年ディーゼルプラド発売時期と気になる価格は?
新型レクサスRXがニューヨーク国際オートショーでついにデビュー!
レクサスLXが2015年に国内販売開始か?価格は?
ディーゼルエンジンプラド2015年にマイナーチェンジ!

 

スポンサードリンク

コメントを残す