2015年8月ランドクルーザー200がマイナーチェンジ!

IMG_0785

 

2015年8月マイナーチェンジした
ランドクルーザー200の詳細について
追加掲載致します!^^

 

スポンサードリンク

 

今回ビックマイナーチェンジと言われていたランクル200ですが、
まさに大きな変更となったように感じます!

 

 

注目のエクステリア

 

IMG_0784

 

今回のマイナーチェンジで注目されていたのが
エクステリアのデザイン変更です!

マイナーチェンジとは言えない程の変貌を遂げているように思います!

 

 

斬新なのが、
フロントマスクのデザイン変更です。

今回のデザイン変更で特に目を引くのが、
ヘッドライトとフロントグリルのデザインです!

左右のヘッドライトを分割するようなデザインに仕上がったグリルと
LEDヘッドランプ(上部)、
LEDクリアランスランプ(下部)の絶妙な配置が印象的です!!

さらにLEDテール&ストップランプのデザインも変更され、
より高級感を感じさせるデザインに進化しています!!

 

 

IMG_0786

 

 

 

インテリアデザインの変更点

今回のマイナーチェンジの変更点として
エクステリアが注目されがちですが、
インテリアも大きく変更となっているようです。

 

まずは、インテリアカラー!

今回のマイナーチェンジで追加された内装色として、
ZXグレードに新たにブラウン色が追加され、
特別仕様車(Bruno Cross)の内装に近い配色となるようです。

 

シートは、
最高級のプレミアムナッパ本革(ZXグレード)を使用しており、
高級感が漂っている仕上がり!

 

その他、インテリア変更の注目点は、
マイナーチェンジ後より導入された、
9インチSDナビゲーションシステムの採用です!

 

IMG_0787

 

 

より大きなナビゲーションに変更された点と、
オプションでリアシートエンターテイメントシステム装着により、
左右それぞれのシートに後席モニターが装着され(HDMI対応)、
最新の装備が充実しております!

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

先進装備の導入

前回の記載でも注目していた(→記事はコチラ
トヨタセイフティセンスPが導入されたことも
大きな変更点となります!

 

トヨタセイフティセンスPとは?

「TOYOTA・SAFETY・SENCE P」

予防安全装備として導入が普及している

「PCS」「LDA」「AHB」などが装着されています!

「PCS」とは、プリクラッシュセーフティの略。
衝突回避支援の名称であり、車両接近時には警告音でドライバーに通知し、
ブレーキの補助やシートベルトの巻き取りなどといった内容が盛り込まれています。
(さらに、歩行者検知機能が装備され、
合わせて一定の車間距離を保つレーダークルーズなども導入されています!)

「LDA」とは、レーンディパーチャーアラートの略。
走行中に車線を逸脱した際、ブザーとメーター内のディスプレイ表示で、ドライバーに警告を促すシステム。

「AHB」とは、オートマチックハイビームシステムの略。
フロントカメラで対向車のヘッドランプ、または先行車のテールランプを検知して、
ハイビームとロービームを自動切り替えするシステム。

 

 

IMG_0788

 

 

価格は?

 

ZXグレード

6,825,600円

 

AX G selection グレード

5,854,582円

 

AX グレード

5,134,909円

 

GX グレード

4,728,437円

 

今回のビックマイナーチェンジで更に進化したランドクルーザー200ですが、

同じく2015年8月に初売されるレクサスLXとの比較も今後注目されております!

今後の動向に注目していきたいと思います!!^^

 

関連記事***
2015年ランドクルーザー200がビッグマイナーチェンジ!変更点は?
新型レクサスRXがニューヨーク国際オートショーでついにデビュー!
レクサスLXが2015年に国内販売開始か?価格は?

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す