トヨタ新型ミニバン「エスクァイア」デビュー!仕様,販売価格は?

sinngata5

トヨタの新型ミニバン
ESQUIRE/エスクァイア

10月29日に発表されました!

以前、ヴォクシーとノアの比較をしましたが、

その際、新型ミニバンの存在を知り、

ヴォクシーとノアの高級版という位置づけで発表された
エスクァイアのカタログをいち早くゲット致しましたので

ご紹介いたします〜!!!

 

スポンサードリンク

 

新型エスクァイア

 

カタログを開くと、
冒頭から

「手頃とか身の丈とかそんな言葉に満足しない男たちがいる
高級車に新たな選択肢。ESQUIRE」

とこんな言葉が。

なんだか男のロマンを追い求めるような・・
高級感を意識しているのが分かりますね^^

 

 

スポンサードリンク

 

 

エスクァイアの名前の由来は・・・

〜殿・〜様など、敬称の意味だそうです。

ちなみにフロントインパクトのあるエンブレムは

矛と盾をモチーフにデザインされています。

 

 

グレード

 

ハイブリッド車ガソリン車の設定があり

それぞれ、

Gi グレード

Xi グレード

の2種類から選択できます。

スペックは、ほぼヴォクシー・ノアと同じですが、
若干の装備の差が見られます。

 

価格は?

 

<ハイブリッド車  (7人乗りのみ)>

Gi グレード
3204000円 (7人乗り2WD)
Xi グレード
3043543円 (7人乗り2WD

 

<ガソリン車>

Gi グレード
2823428円(7人乗り2WD)
2792571円(8人乗り2WD)

Xi  グレード
2622857円(7人乗り2WD)
2592000円(8人乗り2WD)

※4WD車省略

 

ハイブリッドの方が注目度は高いようです。

 

ヴォクシー・ノアとの違い

 

ヴォクシー・ノアとの差額は15、6万円くらい。

カタログのEQUIPMENTページを比較すると、
約15万円の差は、
上級グレードで見ると、

デュアルパワースライドドア(両側パワースライド)の部分と、

内装の合成皮革シートの装備差が確認出来ました。

当初予想されていた価格差(20万〜30万)ほど
差はありませんでした。

15万円の差で皮調シート電動スライドドアが標準であれば、
ヴォクシー・ノアよりもエスクァイアを選択するユーザーは
増えるのではないでしょうか?

もちろんデザインの好みもありますが・・・

その他、オプションカタログに掲載されているエアロスタイル
オシャレでかっこいいです!

sinngata

sinngata2

sinngata3

自分だけのスタイルをという方や、やんちゃな方にはおすすめみたいです。

 

ミニバンって言ったら、
ファミリー向けで落ち着いたイメージでしたが。
これならオシャレ&重厚感もプラスされて、

ちょっと他と違う

カッコイイファミリーカー!!

って感じですよね!!
なんとも例えがありきたりですが(笑)、
カタログを見ているとそんな印象を受けました^^

11月中旬以降に現車は見れるみたいなので、
早く実物を見てみたいです^^
楽しみです!

 

 関連記事***
→おすすめファミリーカーどっちを選ぶ?VOXYとNOA比較
→2015年発表予定「アルファード/ヴェルファイア」フルモデルチェンジ!

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す