化粧水はコットンor手どっちでつけた方がいいの?

kesyousui日々行うスキンケアに欠かせないのが化粧水ですよね〜.。

化粧水をつける際、

コットンでつける派
手でつける派

に分かれるかなと思うんですが、
どちらの方が美肌効果は得られんるでしょうか??

正しいスキンケアの方法は??

スポンサードリンク

 

どちらがいいの?

 

最初に結論を申し上げますと、
手でつける方が肌には一番いいみたいですねー。

ではなぜなのか?

両方のメリット・デメリットを挙げてみたいと思います。

 

〈コットン〉

メリット・・・化粧水の節約になる。
(コットンに余った化粧水を腕や足に使えるといったとこでしょうか)

デメリット・・パッティングは肌への負担が大きい

〈手〉

メリット・・・自分の肌の状態がわかる。
人肌の温度でつけるので浸透しやすい。
肌に負担がない。

デメリット・・手にも化粧水が浸透してしまうので化粧水が沢山必要(な気がする)

 

やはり、肌に負担をかけずに化粧水を浸透させるという視点で見れば、
手でつける方が効果的なようです。
毎日の肌の状態を確認できるというメリットも大きいですね。
肌の状態を把握し、その都度適切なスキンケアが出来るということです。

肌にとって、
叩く・こする
という行為は負担がかかってしまいます><

 

毎日行うスキンケアでそれを行ってしまうのは、
せっかく肌を潤したくて行っているのに効果を半減させてしまうようなものです。

しかし、目元など部分的にパックをしたい時や、
拭き取り化粧水を使用するなど、
自分はどうしてもコットンじゃないと嫌だーーー!!
という方は、お値段は少しはっても
上質な肌に優しいコットンを使用した方がいいと思います。

 

以前私は、手にも化粧水が染み込むのはもったいないと思い
もっぱらコットン派でした。
美容部員さんにすすめられて高いコットンを買ってみたり・・・・

確かに安いコットンを使用した時と効果は全然違います。
(それを考えると、やはりコットンは少なからず肌に負担をかけていて、
肌への負担が軽い方がスキンケアの効果は高められるということですね!)
でも高いコットン・・・続けられず、

手でつけた方が肌に優しいと耳にして目から鱗状態、半信半疑で始めてみた所、
肌の調子は落ち着いています。

高いコットン買わなくてもいいし、
むしろこっちの方が安くすむじゃんっと一石二鳥な気分^^

 

しかし、手でつける場合、ただ手でバシャバシャっとつけても
効果は全くなく化粧水を無駄に使うだけです。

手で化粧水をつける一番効果的な方法を紹介します^^

 

スポンサードリンク

 

 

効果的な化粧水のつけ方

ここで重要なのは、ハンドプレスです。
ハンドプレスのやり方は、
「手で優しくゆっくりと押さえる」
これだけです^^

 

・適量(だいたいコイン大程。出しすぎはNG。)を手に出して、
顔全体に広げて、ハンドプレスで全体に浸透させる。
肌に化粧水が浸透し、表面に水気がなくなるまで行う。

1を3回程繰り返す。回数はお肌の調子に合わせて。

これだけです^^

間で、目元・小鼻・口元・乾燥が気になる部分には、
指のハラを使いハンドプレスすると尚いいと思います。

肌の表面に水気がなくなり、
触ってみて、肌が手に吸い付くようにモチっとした感触があれば完了です。

乳液やクリームをお使いの方はすぐにつけて、フタをしましょう。
その時もハンドプレスでじっくり行いましょう^^

 

*POINT*
*その1*
肌は一度に大量の化粧水を浸透しきれません。
なので、焦る気持ちを抑えてゆっくりと優しく押さえること。
パンパンと叩いてはNG!
叩いても浸透する量は同じですから肌を痛めて損をするだけですね><
適量を何回かに分けてつけることで、しっかりと浸透させることが出来ます。

時間がかかりそうに思いますが、
コットンでパッティングするのとでは、
そんなに変わらない所要時間で行えると思います。

*その2*
一度手をぬるま湯に浸してタオルで水気をとってから行うと手が最初から温かく
更に水分をすでに吸っているので化粧水を吸収しにくくなっているので、
より効果的です。
お風呂上がりすぐであれば気にしなくていいでしょう。

注意点!手を清潔にして行うこと。
言うまでもないことかもしれませんが、
手についた雑菌も一緒につけてしまっては
トラブルの素になる可能性があるので要注意です。
一度ちゃんと洗ってから行うこと。

 

 

まとめ

肌にとって叩く・こするはNG!

手で化粧水をつける時はハンドプレスでじっくりと。

化粧水が浸透したと感じるまで繰り返し行うこと。

この3点を意識して行えれば乾燥知らずの美肌になれること間違いナシです^^
10年後の自分に感謝されるように日常に取り入れて行きましょう^^!!

スポンサードリンク

コメントを残す